このままじゃ育夫ノイローゼになってしまうっと思う毎日を 打破する為立ち上がりますっ!
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年06月06日 (日) | 編集 |
あたしにはまだ勇気がありませんよ。

娘を一人、向かいの子供達に預けて遊ばせる事に。
うちの前ではいいの。
あたしが用事しながらでも子供らの声で把握できてるから。

だけど、家の前から離れるのは駄目。

大人がいればいいの。
だから向かいの子供んちにお邪魔するのもいいの。


だけど、子供達だけでどこか家から離れた公園や
散歩に行く事は、あたしはまだ受け入れられないの。



何度も言ってる。


お母さんに断ってから遊びに行って


と。

4歳の子に言っても無理もあるかと思って、
向かいの子にも言ってる、


うちの前から離れる時は一言言ってからにしてくれ

と。


その子のお母さんにも言った。



なのにまた勝手に家の前から娘を連れてどこかへ消えた。。




挙句今日は、向かいの子供らは自転車で、娘が鬼の鬼ごっこをしていた。。




いい加減にしてくれよ。。



あんたらホント、いい加減にしてくれ。

小学校3年にもなりゃ、小さい子の面倒は見なくちゃいけないって
言われれば分かるやろっ


そんな何回言っても言う事守ってくれないのなら、
遊ばせられないわっ!



と怒ったのに、全く聞いちゃいない。。


そんでまた娘を泣かせている。。




何だこいつら?
今時の子供ってのは、こんなに何度言っても分からないものなのけ?
というか、小学三年に言っても分からんの?




何かもーマジで遊ばせられないって思ったわ。。



泣かされてる娘に近寄って、



あたし「もう家に入りなさいな。。」




向かいの子「ママに怒られた 最悪~」




そりゃ怒られるっての。。
毎回泣かせてんだぞ。。
小学三年の女子が寄ってたかって4歳児泣かせてんだぞ。。


もう出入り禁止にしてもらいたいくらいだ。



バドミントン(うちの)のラケットが一個壊れていた。
100均で買ったやつだからすぐ壊れたのだ。


それを使いたくない、壊れてない方を使いたいと
娘は泣いていた。



向かいの子の弟「小さいからって何でも特別じゃないんやでっ」


そいつ「そんなに大事なら家の中で使い~や」


そのクソガキ「我侭ばっかり言ってたら友達できひんで」






お前黙れや





娘に、我侭言わないのとか、こっちでもまだ使えるとか、
言い聞かせてた脇で、調子に乗って口挟んできたんで、

おばちゃんついにキレました。




あたし「あんたもな、ちょっと貸してやれやっ




あたしが娘しか怒らないからっていい気になって
あーだこーだ能書きたれやがって。

小さい子がそれが嫌だと泣いてんだから、
じゃぁこっち貸すわ くらいの器量見せてもええんちゃうの?



あたしが娘の肩持ったらいけないと思って
優しく言ってたら付け上がりやがって、このガキどもがっ




はぁ・・子供なんて今の息子みたいに、
歩けなくて、お母さんお母さん 言ってる時が一番楽なんだわ。。

片時も離れる事を許されず、
ちょっと床に、もしくは歩行器にでも乗せる為に抱っこから
降ろそうとすると、しがみついてまるで


小猿が母猿の腹にしがみついて移動
するかのように離れない息子。。


楽でもないけど、色んな心配事がない分まだ楽なんだわよね。。




きっとあたしが今日クソガキどもを怒ったからって、
また明日も明後日も変わらないんだろうけどさ。。



あたし「ねぇ、○○ちゃん(向かいの子)達と遊ぶの楽しいの?


と娘に聞いてみた。




娘「うんっ 楽しいっ♪




そ、そっか。。汗





スポンサーサイト


2010年05月31日 (月) | 編集 |
お向かいの子供が意地悪です。

毎日遊ぼうと誘ってくれるのは嬉しいんだけど、
娘もその子が学校から帰ってくるのを待っていますし。。


でも意地悪されるのは悲しいんですが。。




意地悪して楽しいんだね。。
何て性格悪いんだか。。



からかって娘の反応を楽しむってどういう根性なのよ。。


娘もそんな子と遊んで何が楽しいんだろ。
泣いてるけどw



お向かいの子「嫌やったらあたしに石投げや?」


嫌だったようで石を投げる娘。



お向かいの子「○ちゃん(娘)のママー! ○ちゃんが石投げる~」



お前が投げろって言ったんやろ・・
知ってんだぞ・・



あたし「石投げたらあかんよ。。」


あぁ・・面倒くさい。。



娘が虫を嫌いなのを知って、虫来たで~と追いかける向かいの子達。


家の中に靴のまま逃げてきた娘。



向かいの子「○ちゃんのママー!! ○ちゃんが靴のまま上がってる~~」





あたし「みんなが虫来たって追いかけたからでしょっ!怒」


向かいの子達逃げる。



・・・・



全く。。
子供ってこうやって小さい子をからかって遊ぶものなのかね。。


昨日も向かいの子がうちの子の石を取ったので、
その子が大事にしてる石の入れてるケースを取り上げた。


あたし「その石あげるけど、これはあたしがもらうからな」


向かいの子「あかん~~!!」


あたし「じゃぁその石返して」


向かい「嫌や」


あたし「じゃぁあたしも返さない」


その間、ずっと蹴飛ばされたりどつかれたりしていた。。


向かいの子「じゃぁ返すわっ」


といじけて泣いた。



バーカバーカ


すぐ泣くくせに、うちの娘をいじめるから悪いんだ。



向かいの子「小さいからって特別はないんやでっ!」




あーそーですか。




特別はなくてもいいけど、小さい子いじめて楽しむのは許せんの。



あんまり親が子供の遊びに口を出すのは嫌だし、
やっぱりあたしは娘の親なので、
娘ひいきで見てしまう所があるので、
極力放っておこうと思うのだけど・・・



娘がひねくれたり、その子らと同じく、
小さい子をからかって楽しむようになっては困るのよ。。




まぁ、その子らとももうすぐお別れ。。



新しい所では一体どんな子達が待ってるのやら。
早くお友達が出来ると良いんだけど。。




息子が立てないくせに立ちたいと泣き叫びます。。

泣かれても。。。



立ちたきゃ自分で立ち上げれっ



息子、人生初の風邪を引きました。。

鼻水ダラダラ、咳ゴホゴホ・・


のどが痛いのか、毎晩泣いて寝てくれません。。





息子の鼻に鼻ちょうちんが出来ているのを、
かわいらしく思ってそのままにしてしまいます。。



赤ちゃんって何やっても可愛いわね。。












2010年05月16日 (日) | 編集 |
日曜日の朝は、子供達の番組で大忙しだ。
今までは8時半のプリキュアだけを見ていればよかったので、
ゆっくりだった。

しかし男の子の番組は違う。
朝7時半からやっている。

息子もこれを見たいと言うのだろうか。。

朝起きなくちゃいけないんだろうかと心配していたが。。。



心配御無用。。

ちゃんと6時半に起きてあたしを起こしてくれる息子に
勝手に成長しています。。





子供というのは自分が持っているおもちゃを
全て部屋中に散らかさないと気が済まないものなんだろうか。


そして毎日母親に、


片付けなさいっ


と言われないといけないものなんだろうか。。




おもちゃを片付けられないのは幼稚園に行くと片付けられるようになると
ママ友が言っていた。


しかし毎日毎日言われてるんだから少しは片付けられるようになって欲しいものだ。。




うちのパパはおもちゃを片付けられないと捨てる。
それを知ってる娘は、パパに片付けられては捨てられるという事を
知っているんだけども。。



パパ「じゃぁパパが片付けようかな~


娘「ダメー 今片付けようと思っていたーー



パパが帰ってくる前に片付けないと捨てられちゃうぞ~

とあたしが言うと片付けるんだけど、
パパの帰ってくるのに片付けが間に合わない時は、
泣きながら、



娘「まだ帰ってきちゃダメーー



と玄関から部屋に入れないようにまでする。
それくらい パパに片付けられる事を恐れているのだ。




今日も今日とて、部屋がおもちゃで足の踏み場もない。。




あたし「もぉ・・片付けようよ。。



娘「無視」



あたし「あー じゃぁお母さんが片付けようかな~


とパパの真似してみる。







娘「は~い お願いねぇ~





・・・・・・






娘「棚にしまってねー






場所指定。。




完全になめられています。。





一人で片付けるのも大変かと思って、
いつも 


ほら、お母さんも手伝ってあげるから片付けよう?



と手伝っていたのが間違っていたのだろうか。。。







息子が んまっ と言うんです。


食べるものを見ると言っている気がします。





と旦那に言うと、




旦那「気のせいだ




・・・そ、そうですよね。。
まだ7ヶ月ですし。。














2010年04月17日 (土) | 編集 |
気がつくと息子に見つめられています。。


息子はいつもあたしを見ているのでしょうか。。
はずい。。


そして、息子と目が合って微笑まれると・・・







ドキュン






どきむねむね。。







愛されるって いいやん。。
求められるって 素敵 やん。。








あぁ・・将来、あたしは息子とメールし合って、
彼女or嫁に煙たがれる存在になる可能性大だわ。。





食べる事にさほど興味のない旦那と娘は、
あたしが心をこめて作った料理に対して、
ため息ついたり、もういらんと言ったり、すぐおなか一杯って言ったり・・


傷つく事多々ありますが、
息子は違いますもん。

あたしが毎日あげるおかゆを
体全体で喜んで食べてくれますもんっ



はよくれっ と言わんばかりに身を乗り出して食べてくれますもんっ



将来、息子だけは、
あたしの料理をたくさんたくさん食べてくれ、



お母ちゃんの料理じゃないとあかんのや



って言ってくれるんですもんっ(妄想キッス






息子、共に豚になろうぜ♪ ブヒ





多分どこの親も一度や二度、いや毎回って人もいますでしょうが、
子供が複数になりますと、名前を呼び間違うって事は日常茶飯事的に
起こってると思うのですが・・・


あたしもかなり間違います。

娘を呼ぶのに息子の名前を呼んだり、その逆もまたしかり。
娘呼ぶのに息子の名前を呼んでその後に、

あ、間違えたっ ひな(猫) と言ったり。。



子供とひなこの名前を言いまくります。

ちなみにお義母さんは孫の名前と子供達の名前を呼び間違うので、
全員の名前が飛び交います。



まぁーそんな中、昼食中の出来事。

息子がひなこの尻尾をつかんで離さなかったので、ひなこにかじられまして。


あたし「こらっ ひなっ!

娘「ひなっ あかんよっ!


娘がひなこを叱ろうとしたら、ひなこが


何でお前に怒られなあかんねん バリに、猫パンチを娘にお見舞いしていた。






娘「こらっ! パパっ!! 」











ひなことパパを呼び間違えた娘。。。






爆笑。。





娘にとって パパ は叱る対象なんだね。。



うちのパパっていっつも怒られてんじゃないだろかね。
トホホだねぇ・・







毎日毎日プリキュア地獄から只今、ピーターパン地獄へと変化いたしました。。




ピーターパン嫌いなんだよ、あたし。

何でこんな大人になりたくない男が好きなのさ?
娘はこんな男が好みなの?



やめとき ってっ!



こんな楽しい事しか興味がなくて、女好きで・・







娘 騙されんなってっ!!






娘も親に似て、手が掛かる男が好きなのかねぇ・・(爆)





















2010年04月06日 (火) | 編集 |
うちの息子は不良だ。
夜10時だというのに寝ずに遊んでいる。
子供は家に帰って寝る時間だというのに・・

45.jpg



あぁ・・お座りもだんだんしっかり出来るようになっちゃって・・・
座れる時間も長くなって来ました。。(ってをい




夜中の10時なのっ!
寝てよっ!

pu-3.jpg


何か横にいますね。
心○写真ではありませんよ。


pu-2.jpg



この後姿はもしや・・
この色、このユニフォーム・・

pu-.jpg





同じ格好で座っていますね。。





結局夜11時までこんな感じで遊び倒し、寝たのでした。。

しかし、寝たっつってもちょこちょこ起きてはフンギャフンギャ言っており、

しまいに朝方娘が、


のど渇いた~~~

おしっこ~~~

おなかすいた~~~


と駄々コネまくり・・



息子はあたしがちょっとでも傍から離れれば泣き叫ぶし、
娘は一個ずつ要望言うし(いっぺんに言ってくれっ


旦那はといえば・・・


息子も起きだして泣き叫ぶので、起きる時間には早いけど
子供らつれて1階に降りようとしたら・・・


旦那「何やっ どうしたんやっ




どうしたんやっじゃねえんだYO!




子供らも親は二人いるけれども、もう一人に言った所で
何も通じないって事が分かるのかしら・・?

えらいもんだわね。。


お母さん、こんな毎日にヘトヘトで、
お菓子食いまくってしまうんですよっ!

お菓子入れてる箱がお菓子であふれてるんですっ!



旦那「そうやって ちょこちょこ 食うから太るんやろ?




うるせえんだYO!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。