このままじゃ育夫ノイローゼになってしまうっと思う毎日を 打破する為立ち上がりますっ!
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年04月08日 (木) | 編集 |
昨日朝の言い合いで 大嫌いと妻と娘に言われた旦那は、
案の定ケーキを買って帰ってきた。


食べ物与えておきゃ大人しい


とでも思ってんだろっ!



そんな何回も同じ手に乗るかっての。
大体、あたしが好きなケーキを分かっていて買ってきてくれたものの、
自分が食べられないケーキも買ってきちゃってさ。

3つのケーキを自分だけ食べられないとなったら、



何で俺こんなに尽くしてんのに、一個もケーキ食べられへんのやろ・・



と落ち込むに決まってるんだ。


それに、いくらあたしが好きなケーキを買ってきてもらったからって、
彼が食べてない状態で、自分だけ食べて気持ちが上々になるとでも思ってるんだろか。


皆が美味しい顔になってるから気分が良くなるのでしょう?



何か、俺はこんなに犠牲になってるっていう感じがものすっごい


不愉快



とは言え、ケーキには何の罪もないので頂きますけどね。



彼はあたしの事を

自分が良けりゃそれでいい

って思う女だと思ってんだね。。ガッカリ




というのがあたしの本音だけど(爆)

旦那に素直になれって言われたのでね、
(あたしは根に持つタイプ)


彼があたしを喜ばせようと好きなケーキを買ってきてくれた事に
感謝しようと努力します



あいつの大好きなコタツ、今日しまっちゃおっと。
(あたしは仕返ししないと気が済まないタイプ)



さて・・
来月息子は初節句を迎えます。



お義母さんったらこいのぼりか五月人形を買うと言っております。
男の子の孫は嫁ぎ先が用意するものだからだそうで。。


そんな事言っても、娘の雛人形はうちの実家用意してないし、
息子だけあるのもどうかと思うし、お義母さんだけに用意させるってのも
あたしは気が引けます。



断ったけど、聞く耳持たず。。




節句ってさ5月5日でしょ・・?
あたし実家帰りたいって前々から言ってるんだよね。。


それなのに、あたしら不在でこいのぼりだけあるの・・?
お祝いの席とか設けなくていいわけ・・?



というか里帰りするなっていう事・・?




義母「こいのぼりと人形どっちがええかな?」



ありがたいんだよ。
本当にありがたいの。

嫁は他人でも孫達を可愛がってくれる事、気に掛けてくれる事、
本当にありがたいんだけど・・



義妹の目が怖い・・




た、確かにお義母さんの言う通り、
義妹の子らにも色々買ってあげてるんでしょうが・・
でもそれはそれ・・
初節句は一生に一度しか来ないしね。。


人の嫉妬というものはさ、ひじょーに怖いもので、
自分がその代わりになる事をされていても、
その時その一瞬されてないって事に対して、嫉妬の心が芽生えるものなのよね。。



義母「大丈夫、あの子(義妹)はそういう子じゃないから」


って思ってるんでしょうが、
人の心ってのは分かりませんからねぇ・・


した方はすんなり忘れられる事でも、やられた方ってのは
なかなか忘れられないんだよね。




ぁ~ 初節句か・・
あたし実家帰っちゃ駄目なのかなぁ~・・




あたし「ねぇ お義母さん こいのぼり買うって言ってるけどどうすんの?



旦那「ほう・・




・・・・






お前は フクロウ かYO!








スポンサーサイト


2010年03月20日 (土) | 編集 |
寝違えた首があまりにも放っていた為、ついに動かなくなってしまい
整骨院に行って来まして。

二日続けて通ったら良くなってきた。

もっと早く行けばこんなひどくならずに済んだのにね。。


でも、子供がいたら整骨院に通えないし。

毎回義母を頼っていいものかどうかもあたし的には迷う所で。。




しかし今回は、生活に支障が出るほど悪化してしまったので、
義母を二日続けて頼りました。


一日目は急なお願いだったので義母だけだったのですが、
二日目は事前交渉って事だったので、義妹その子供ら総動員で我が子の面倒を見てくれまして。。

皆さんにお手数お掛けしてしまい申し訳ありません。。。恐縮。




そんな中、新事実が判明いたしました。



義母宅へ行くと嫁のあたしだけのお茶がないのですが、
これあたしは 嫁いびり だと思っていたのです。


しかし義母的にはそれは嫁いびりではなく、


嫁への気遣い


だったのでしたっ

気遣いっていうか、歓迎の証というか。。


お茶がない事を義妹はいつも気遣ってくれます。
あたし的にはそっとしておいて欲しいのですが・・

あたし「あ、のど渇いてませんからどうぞお構いなく。。

義母「飲みたい時は飲みたいって言うやろ?

義妹「そんなん言えるかいなっ


義母「お客じゃないんだから


お、お客じゃないんだから・・・
あたし、家族なのか?
孫は家族だけど、嫁は家族じゃないと思われてるとばかり思ってたのに、
あたし家族なのか?

あたしを家族と思っていてくれてたのっ!?
お義母さんっっ





今まであたしのお茶だけがなかったのは、
あたしが飲みたいって言わなかったから、飲みたくないんだろうっていう
気遣いだったんだ。。

無理に勧めてもっていう、お義母さんの気遣いだったんだ。。。



こ、今度からちゃんと飲みたい時は、

あたし「あ、お義母さん。あたしのど渇いたのでお茶下さい


って言おう。そうしよぅ。



って




言えるかっ!!







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。