このままじゃ育夫ノイローゼになってしまうっと思う毎日を 打破する為立ち上がりますっ!
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年09月01日 (水) | 編集 |
早いもので・・・
あっとゆーまに駆け抜けてった八月。
そしてまだまだ居座る夏・・・



娘がT井さんちに遊びに行っていて、
息子は寝ていて、
内職は止まっていて。。




ああああああああああ
何て自由なのおおおおおおおおおおおお





暑くたって、静かにしていれば平気なのよ。
あー極楽。



こんな時間がお母さんにはたまには必要なのね・・。
生き返る。。



T井さんちは今年はおじいさんが亡くなって
お盆は忙しかったようなんで、
T井さんの実家には時期をずらして帰るんだそうです。





で、




T井さん「○ちゃん(娘)はまだ小さいから無理やろな~




何が?






T井さんったら、自分の実家に(中国地方)娘を連れて行きたいんだそうですっ!!!


衝撃発言~~~~つ!!!!






自分の孫連れてけええええええええ

うちの娘が何歳になろうと無理だああああああああああ






可愛がってもらえるのはありがたいですけど、
たまにビックリ発言があるT井さん・・


あんまり驚かさないで下さいよ。。







旦那の会社の人が結婚するんですって。
その人は50過ぎの人なんですけど、
再婚ですけど・・




何度か会った事があって、
あたしらの結婚や子供らの出産の際にも
お祝いを頂いてる方なので、
旦那がお祝い包んだ方がええんちゃうかって言って来ました。


そうだねぇ。


と思ったんですけど・・・・




その人、何と、その再婚相手と。。。。
大きな声では言えませんが。。






駆け落ちしたんですよおおおおおおおおおおおお






駆け落ちですよ、駆け落ち。。
そんな事する人いるんですね。。リアルに。。





お互いに結婚していて許されない恋だったんですよ。
そしてお互いの生活を捨てて二人で大阪に来たってわけなんです。
数万円を持って。







だから?







引くでしょ。
あたしは引きます。
ものすっごい引きました。


いい年したおっさんおばはんが、
妻旦那子供を置いて飛び出してくるなんて。

もっと他に方法はあったでしょに。。
大人なんだから。。。


そりゃそれまでに行き着くには色々な事があったんでしょう。
あたしみたいな苦労なんてした事ないアホには
全く想像もしない事があったんでしょう。

逃げるしか方法がなかったのかも・・?


夫婦はお互い様だから、一方だけが悪いわけじゃないかもしれないしね・・・






でもねぇ。。



あたしは妻の身。
真っ先に捨てられた妻の気持ち考えたわ。



田舎だもん。


旦那をよその女に寝取られ、
挙句二人は駆け落ちしたなんて話、
あっとゆーまに広がったでしょうに。
子供達の耳にも入ったでしょうに。
陰口叩かれたでしょうに。




そんな中、そのおっさんはどの面下げてったのか知らないけど、
離婚してくれと頼みに行ったそうな。
そして、晴れて離婚が成立し駆け落ち相手と再婚するんだそうな。。





あたし「お祝いどうしても包みたい?



旦那「そりゃ包まなあかんやろ・・俺らン時ももらってるし・・




あたし「あたしらの結婚と一緒にすんなやっ



旦那「そんな怒りなや・・・




分かっています。
その人達の事情なんてあたしには全く関係のない事だと。
経緯無視してその人に今まで頂いたお祝いを考えれば
お祝いするのが筋なんでしょう。




でもね。。
それをお祝いするって事は
駆け落ちして結婚するって行為を認めた事になるような気がして。。。
不倫を肯定するような気がして。。。





そこまで考える事もないんじゃないかって思ったけど、
やっぱり心からお祝い出来ませんもん。
前妻さんの気持ち考えたら、
妻として自分がもしその立場だったらを考えたら・・
やっぱりお祝い出来ませんもん。悪いけど。



本人達だって、祝ってもらえると思ってないでしょ。
っていうか、思っていて欲しい。
少なからずそう思えや、コノヤロー。




ってわけで、一応あたしの名前で包むわけじゃないし
お前の好きにしろやと言ったけど、


あたし「あんたそれで本当にいい訳?



旦那「えw




となりまして。
お祝いとしてじゃなくて、
その人の好きなものを贈ろうって事になりました。
お祝いとして包まなきゃあたし的には良いのでね。


いや~・・
しかし世の中には色んな人が、色んな人生がありますよね・・




でもホント、どの面下げて離婚してくれって言いに行ったんやろ。。


人の不幸の上に自分の幸せはないと思っていますから、
その二人がうまく行くとは思いませんが、
せいぜい、お幸せに。。


結局ね、本人が良ければそれで幸せでそっ!
(何でひがんでんの・・・笑)






前妻さんとその子供達、そのご家族のご多幸を
心よりお祈りしています。






















スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。