このままじゃ育夫ノイローゼになってしまうっと思う毎日を 打破する為立ち上がりますっ!
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年10月02日 (土) | 編集 |
娘は来年から幼稚園に通います。

その為に願書を出しに幼稚園に行ってきました。



園長先生が娘の手をつかんで、




園長先生「こんにちわ」


と言いました。
挨拶などろくに出来ない娘ですから、
どうせ出来ないだろうと思ってたら、



娘「こんにちわ





え・・挨拶してるわ。。




園長先生「お名前は何ですか?」




娘「○○○○○(フルネーム)です




ええええ・・名前も言えてる。。
しかもフルネーム。。




園長先生「何歳ですか?」



娘「・・・3歳だっけ? お母さんっ




あたし「そうだよw





年齢こそ迷ってあたしに聞いてきたけど、
挨拶も名前も言えた事に、




子供って親の知らない間に成長してるもんなんだねぇ・・





願書出し終わったので、園庭で遊ぼうとしたら、
前の借家近くに住んでいた子が声を掛けてきた。




しかも、





子「ここの幼稚園の子じゃない子は遊んじゃダメなんやで?





あたし「いいじゃない、今ここに通いますって先生に言いに来たんだから




子「あかんっ」




娘「うわーーん 泣





くっそぉ・・・
何でこいつはイジワルなんや。。




あたし「イジワル言ったらあかんでしょ 入れてよ




子「幼稚園の帽子かぶってない子はあかんっ」




あたし「帽子ってあんたしかかぶってないじゃん



子「背が低い子はあかんっ」



あたし「背なんて皆同じじゃんかよ



子「違うっ」



ちくしょぉ・・
こいつしつけぇ・・



あたし「(娘に)あっちの遊具で遊んだらいいんじゃない・・?



娘「嫌だああああ(涙)



・・・・・


あ、そうだ 他の子に入れてもらえばいいんだ。



あたし「ここで遊んでもいい?




他の男の子に聞いて見る事にした。



男の子「ちょっと待って。聞いてくる」



と言ってそいつは、イジワル言う近所だった子に聞きに行った。。。



近所だった子「あかん」




そりゃそやろ。。。



男の子「あかんって・・」








お前は女子の言いなりかっ
今からそんなんじゃ先が思いやられるわ。。






女子は強いわね。。




そんな中、鼻水たれた、クレヨンしんちゃんに出てくるボーちゃんみたいな子が、


ボーちゃん「入っていいでぇ~・・」



と言ってくれた。


言ってくれたんだけど、近所だった子は頑として入れてくれない。。



娘を入れてくれない空気の中、
ボーちゃんは何度も、

ボーちゃん「入っていいでぇ~・・」


と言っていた。。


ありがとう、ボーちゃん。。
でも入れてくれないんだよ。。
本当にありがとう。。
あんた そのままでいてね。。




結局そこで遊べないまま、娘は泣くばかり。

あたし「あ、他のお姉ちゃん所でおだんご作ったら?



他のお姉ちゃん「いいよぉ~おいでぇ~」




あぁ。。よかった。。



そしたらまた近所だった子がそこに来て、


そこは幼稚園の泥んこだから遊んだらあかんとか何とか言いに来た・・


もうこいつダメだ。。
すると、



他のお姉ちゃん「そんなん言ったらあかんやろっ!」


近所だった子「シュン・・」





そのお姉様がたの一声で、
近所だった子はやっと黙ってくれました。。




子供達って自分達で色々と解決していくんだねぇ。
大人が入らなくてもいいんだね。。




うちの子は来年、ここでどんな生活をしていくんだろ。。
不安もあるけど、楽しみでもありますね。。














スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。