このままじゃ育夫ノイローゼになってしまうっと思う毎日を 打破する為立ち上がりますっ!
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年06月25日 (土) | 編集 |
毎日暑い中、皆様いかがお過ごし・・・?



毎晩寝苦しい夜ですけれども、





子供達の寝相が悪すぎるのにも程があるっ










。。。。


ものすごいんですよ。。
およそ6帖の部屋にダブルのマット1つと
シングルの布団を2組敷いてるんですが・・・



ダブルのマットに子供達が寝てるんですけど、
いつの間にか、ダブルのマットを飛び出し、
シングルの布団に侵入し、
あっちゴロゴロ、こっちゴロゴロ・・と
ただでさえ暑いのに、引っ付いてきます。。。



もういい加減にしてもらいたい。。
子供達を逃れ、移動しながら寝るのも疲れます。。


あたしも結構寝相は褒められるものではないけれどさ・・
ここまでひどくはないぞ。。。






もうそろそろ、子供達には二段ベッドを与えて
そこで寝てもらおうか。。。







息子が手におえません。。




毎日ストーカーのようにくっついて歩いて、
トイレに行くにも、何しても
掃除機をかけてる時以外は母ベッタリで
母グッタリ・・・
(掃除機が怖い息子)






抱っこも頻繁にせがまれ、
要求が通らなければ奇声を上げ・・・








こんな調子で、出産なんかしてる暇あるんでしょうか・・









陣痛中に息子に抱っこやら何やらせがまれても
応えてやれる余裕はありません。。


今もこうしてブログUp中に
抱っこしろと汗だくの母に、汗だくの息子が
くっつき駄々をこねています。。






ただでさえ、妊婦で暑さが倍増なのに
息子の熱で更に暑い。。








過酷だ・・






まぁ、出産をやめるわけには行きませんから
もうどう考えても産まれてくる事には変わりないので、





お前に構ってる暇はない






という事で息子には奇声を上げ続けてもらおうと思います。







ちょっとね、構いすぎかなって思う事もあるんです。

抱っこと言われれば抱っこし、
奇声を上げられればそれを止める為に要求に応え・・



あんまりにも構いすぎかなって。




泣き叫ぼうと何だろうと
母にはやる事あるし、
お前の要求が全て通るなよと
放っておく事も大事なのかなって。。



でもさ・・
泣かれるとうるさいでしょ。。

こんなに暑い中、ひたすら泣かれるのもうっとおしいもの。





だからついつい 抱っこしてしまうし要求も飲んでしまう。
その方が大人しいから・・






息子に分かるか分からないかは定かではないけれど、
ちょっと言い聞かせてみました。



お腹に赤ちゃんがいるし、
あんたはお兄ちゃんになるんだという事を。

おりこうさんだから分かるねって。



これから毎日言い聞かせてたら
出産時には少しマシになってないかなぁ・・







子供が手が掛かる時期なんてホンのわずか。
5歳2歳0歳と、年齢差がない子供達を抱えるわけですから
大変なのは当たり前。



その上、40過ぎの大きな子供までいますからね。
まぁ、それはあたしの子ではないので責任は負いかねますけれども。。





とにかく、後3~4年もすりゃきっと楽になる。
それまでの辛抱よと。。









息子、そういえば・・




魔の二歳児



なんだわね・・・




何だか生まれる前から手が掛かる子だったもんで、
今更 魔の とか言われても




ずっと 魔だったよ。。感がぬぐえません。










それでもね、娘も息子も大人しいって言われるんですよ。
よそでは。






三人が三人とも大人しいなんて聞いた事ないから
三人目はやんちゃかもなぁ~




なんてよく言われるんですけど、










勘弁して下さい。





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。