このままじゃ育夫ノイローゼになってしまうっと思う毎日を 打破する為立ち上がりますっ!
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年12月09日 (月) | 編集 |
韓国ドラマ・・面白くなってきました。。
あいつ要らねぇとか、レビューで話題の登場人物がいるんですけど、
あの人のシーン、カットすればもっと短く出来るんじゃないかと、
キモイのに何で毎回あいつのシーンあるんだよとか
レビューにありましたけど、
あの人が口が軽いお調子者のお陰で、
人の腹を探りあいしている者達の思惑が相手にばれたりして
それがまた面白いのに。。 あいつ居なかったらもっときっと長いドラマだぜ。。
とレビューにまたまた突っ込んだりしています。。
リア充でしょうか(爆)




”もう今年も残す所・・”なんていうセリフをはく時期になりましたよ・・



過ぎてしまえばあっという間ですが、
今年のあたしはなんだか・・




やっと1年終わったか。。




という感じです。



今年の赤字加減ハンパなかったなぁ・・・
来年からはホント、切り詰めて生活しないといけないぞ。。




ふぅ・・





来年からは長男が幼稚園に行くので、
昼間家にいる子供の数が一人減るわけですが、
それだけで結構楽になるもんなんだろうか。。

幼稚園は朝バス停まで送り、帰りに迎えに行かなければならないし、
月一で参観あるし、行事がある度に帰りにバスが出ないので幼稚園までお迎えだし、
時間に追われる事間違いなしなのでね。。

子供の数が減るのはさほどあたしの楽に繋がらないのでは・・・



まぁ、一日24時間は決まっていて、起きている時間は18時間程度なので、
その限られた時間を有効に使わねば、そんで節約もせねば、
そんで有意義に過ごさねば・・・










息苦しい。。。









また来年も、それ以降も、三郎が小学校に上がるまでは、


あぁ・・やっと一年が終わった


って言ってる気がする。。。










ちょっとゆっくりお茶飲みながら、
子供に気を取られる事なく、
落ち着いてママ友とくっちゃべりたいな・・・




少なくとも後4年は無理だね。。




さてさて、クリスマスがやって来ますよ・・

今年、娘はWIIUをサンタにお願いしています。
あたしは断固反対しておりますが、
パパがせっせと節約して何とか買えそうだと言っています。

いやいや・・

そんなのさ。。
これから下の子達もあのゲームやこのゲームやと言い出したら、
毎年万単位でお金が飛ぶじゃない。
ボーナスも見込めないご時勢で、日々の生活を送るのに
やっとな我が家がそんな万単位のお金を
たかだかゲームにつぎ込んで良いわけ?


それにね、サンタクロースなんてさ、
信じさせる意味がどこにあるの?


あたしね、自分が子供の頃振り返っても
サンタを信じていたなんて記憶どこにもないんだよね。

一度だけ枕元にプレゼントがあった記憶があるけれど、
それ以外の記憶がない。

それでもあたしは別に不満に思わなかった所をみると
サンタクロースなんて信じさせなくたって何てことない。

それよりか、



”パパが一生懸命働いて節約して
どうしてもゲーム買ってやりたくて
買ってくれたんだよ”


って教えた方が良くないか?




そもそもサンタクロースなんてこの世になんかいなくて、
子供達に夢を届けるなんて言ってるけど、
その陰でお金をやりくりして子供におもちゃあげてんのは
親じゃん

親が子供の希望を叶えたくて一生懸命やって、
そんで何でその手柄がサンタクロースなのよ?
サンタクロースはパパ て教えた方がずっとずっと教育上いいのでは?





パパ「小さいうちは信じさせても・・





小さいうちだからだよ。
小さいうちだからこう教えるの。

大きくなったら言う事なんて聞きやしないんだから。
ウザイなーってしか聞かないんだから。




サンタクロースを信じさせたくないあたしのもう一つの理由は、
娘がゲーム機しか嫌だという所。


高いからダメ、ゲームはダメ。と言ってんのに




娘「そんなのサンタクロースだから大丈夫




サンタクロースに高い安い、ゲームが良い悪い関係ない。
あいつは子供が望んだ物は必ず与えてくれる存在。


と思ってるところがあたしの中ではとっても許せない。


パパよ。
パパがあんたのその望みの為に
あたしが反対しても叶えようと日々コツコツあらゆるポイント貯めたり
お小遣い節約してりしてそのお金を作っている。



何でそれなのに、サンタクロースなのよ。




これでホントにゲーム機が枕元にあったら


あーやっぱりサンタは何でも言う事聞いてくれるんだ、
来年は一体何貰おうー


ってなるに違いないの。



サンタを信じさせたいのなら、
好きなものが必ずもらえる制度はやめて
買い与えたいもの、例えば本とかドリルとか腕時計とかw
そこまでは甘くないか・・と思わせてもいいんじゃないの・・?


あたし、おかしいかねw




何にもしてないサンタが全て手柄を持っていくのも、
アイツに頼めば何でももらえると思ってる事も
どうにもこーにも納得行かないのよね。。



腕時計だったら泣くかな・・



せっかくのプレゼント泣かれても嫌だしなぁ。。


泣く娘がワガママなだけなんだけどさ。。




三万円超だぜ。。


ケーキも何もなしでいいですか?





この先、この日本に夢も希望もないあたしですが、
子供達が大人になって、自分の子どもにプレゼントを与える立場になった時に、
パパのありがたさが分かるで良いのかな・・




トオイメ・・

















スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。