このままじゃ育夫ノイローゼになってしまうっと思う毎日を 打破する為立ち上がりますっ!
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年03月27日 (木) | 編集 |
ニラレバは、お店で食べた方がずっと美味しい。。


ニラレバが好きで、一度作ってみたらどうかと
作ってみたものの、
味は美味しかったんだけどね。

レバーの下ごしらえが面倒臭いし、
レバーを揚げる時メッチャはねてガス台、床、汚れるし、
手間掛かる料理なのね。作ってみて初めて知ったわ。
こりゃ王将で食べた方がずっとストレスなく美味しく食べられるわ。。






春めいて来ましたなぁ。
先日、近くの公園に行きましたら
早咲きの桜が満開でして、気がつくと
もう三月も終わり。
ソメイヨシノももう間もなく咲く時期となりまして。





息子の幼稚園入園が迫ってきていて、
バッグも作ってなければ、一緒に連れて行く三郎の服もどうするのか決めてなく、
名前書きも終わっておらず、細々した買い物も終わっていなく、
保険見直しもせねばならなく、
途方に暮れております。。





気忙しいわね。。









うちの三郎、いっすんぼうしが大のお気に入りの様子で、
毎晩寝る前に読まされるんですが、
結構長い話なんで、疲れます。。

でも、毎晩


次、鬼出るんだよな~ ワクワク


と期待をこめて待たれる聞き方されるとですね、




うわぁ~ 次鬼来るでぇぇ~ こわいぃぃ


と待たれるとですね。。



それに応えるのは親の務め。。






とにかく、鬼が出て来る所が彼の中でお気に入りの様子でしたわ。





で、その鬼が登場しますとね、
いっすんぼうしは、鬼の口に放り込まれてしまうんですが、
針の刀で口の中をチクリチクリ刺すわけですわ。

んで、痛さのあまりいっすんぼうしを吐き出す鬼なんですが、
その勢いで今度は別の鬼の顔に飛び移り目を突くんです。








その時に三郎はあたしの目も指で刺すんですよっ











痛いんです。。

昨日はおでこを爪でギューって刺されました。。
痛さのあまり、








「ギャー これはたまらんっ」





と、本にあるセリフを上手に読めました。。







いっすんぼうし恐るべし・・










そんなにお話を喜んで聞いてくれるとなると
嬉しくなったあたしは、
他の昔話も読んであげようと思い
別の話の本を買いましてね。




今日はこっちの新しい本を読もうかと一通り読んだ所、












三郎「いっすんぶっ
(いっすんぼうしの事を三郎はそう呼びます)










まさかの二本立て。。





こうして毎晩、さるかにばなしといっすんぼうしの二話を
読まされることになったあたし。。





他にも色んな昔話を読んであげようと
ピックアップしたものの・・

これ、次々と読むものが増えるだけの夜になるのなら
恐怖なのでやめておきます。。。









たまにはパパも読んであげなよ って旦那に言ってみたんですけど、












旦那「俺そんなんいいわ。。





















何照れてんですかね?












別に二歳の子供に読む分には照れる必要など
どこにもないと思うんですが、
照れたいんですかね。。
キモイですね。







毎日何かしらの本を読んでくれと持ってくる三郎なんですが、
結構読むのも疲れるもんで、
適当にサラーっと読むとあれ、


バレますね。。




うそつけっそんな早く終わるわけないだろ 的に
愚図りますね。。




で、結構長い本をガチで読んでると飽きて聞いてない。。








読み聞かせも楽じゃねぇぜ・・










スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。