このままじゃ育夫ノイローゼになってしまうっと思う毎日を 打破する為立ち上がりますっ!
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年03月20日 (土) | 編集 |
寝違えた首があまりにも放っていた為、ついに動かなくなってしまい
整骨院に行って来まして。

二日続けて通ったら良くなってきた。

もっと早く行けばこんなひどくならずに済んだのにね。。


でも、子供がいたら整骨院に通えないし。

毎回義母を頼っていいものかどうかもあたし的には迷う所で。。




しかし今回は、生活に支障が出るほど悪化してしまったので、
義母を二日続けて頼りました。


一日目は急なお願いだったので義母だけだったのですが、
二日目は事前交渉って事だったので、義妹その子供ら総動員で我が子の面倒を見てくれまして。。

皆さんにお手数お掛けしてしまい申し訳ありません。。。恐縮。




そんな中、新事実が判明いたしました。



義母宅へ行くと嫁のあたしだけのお茶がないのですが、
これあたしは 嫁いびり だと思っていたのです。


しかし義母的にはそれは嫁いびりではなく、


嫁への気遣い


だったのでしたっ

気遣いっていうか、歓迎の証というか。。


お茶がない事を義妹はいつも気遣ってくれます。
あたし的にはそっとしておいて欲しいのですが・・

あたし「あ、のど渇いてませんからどうぞお構いなく。。

義母「飲みたい時は飲みたいって言うやろ?

義妹「そんなん言えるかいなっ


義母「お客じゃないんだから


お、お客じゃないんだから・・・
あたし、家族なのか?
孫は家族だけど、嫁は家族じゃないと思われてるとばかり思ってたのに、
あたし家族なのか?

あたしを家族と思っていてくれてたのっ!?
お義母さんっっ





今まであたしのお茶だけがなかったのは、
あたしが飲みたいって言わなかったから、飲みたくないんだろうっていう
気遣いだったんだ。。

無理に勧めてもっていう、お義母さんの気遣いだったんだ。。。



こ、今度からちゃんと飲みたい時は、

あたし「あ、お義母さん。あたしのど渇いたのでお茶下さい


って言おう。そうしよぅ。



って




言えるかっ!!





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。