このままじゃ育夫ノイローゼになってしまうっと思う毎日を 打破する為立ち上がりますっ!
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年08月18日 (月) | 編集 |
暑い。。。

実家の山形がとても涼しく、
涼しくというより寒く。。w
快適な気候だったからか、
大阪の残暑が辛い。。。

一旦夏の終わりを感じてからの再びしつこい
まとわりつく暑さにイライラが止まりません。。。






お盆休みも終わり、今日から旦那仕事。
来週から娘んも小学校が始まり、
夏も終わりねー・・・









実家帰ってきました。
娘と三郎が熱を出さないようにと
ドキドキしながらの旅でしたけれど、
念願のBBQもしたし、海にも行ったし、
友達には会えなかったけど、偶然にコンビニで会えたりと
短い帰省でしたけど楽しかったです。


やっぱり実家は良いですなー。







何年かぶりに海に行ったもので、
日焼け対策などせずに入ってたんですが、
背中と肩がものすごい焼けてですね。。。
痛くてかゆくて・・日焼け恐るべし。。。







何でこー実家って居心地良いんですかねぇ。
義実家が居心地悪すぎるから、余計そう感じるんですか・・?




義妹も実家最高~~って思うんですかね・・?
あの実家で・・?
あたしらが集まらなければ最高~~ なんですかね・・





義母に帰省を伝えたら、あれやこれやと反対されましてね、
反対された所で言うこと聞く気はさらさらないんですが、
あんまりしつこいのなら、キレてやろうと思ってました。

が、伝えた次の日には実家への手土産を用意したからとの連絡が。

で、出発するその日、一応おじいちゃんのお仏壇にお供えする
水ようかんを数個用意して、おみやげついでに買ったチーズケーキも義母に持参し、
これから行ってもいいかという電話を掛けたんですが、





義母「何しに来るん?









用がなきゃ行っちゃいけないんかいな。。





いや・・おじいちゃんのお供えと、チーズケーキ買ってきたから届けようと
思ったんですけど・・・(手土産も受け取りに行かなきゃいけないし・・








義母「そんなん要らんし 何でそんな事するん?










イチイチムカつくんですけど、あたしが我儘だからですか・・?







義母「まぁいいや・・来るなら来て









ムカつく気持ちを抑えて義母宅到着。





義母に水ようかんとチーズケーキを渡すと、




義母「食べる物はな、人の好みがあるから難しいんやで?










水ようかんとチーズケーキ嫌いなん?







つかね、水ようかんはあんたに持ってきたんじゃねーし・・
おじいちゃんのお供えにと持ってきたんだし。。
大体、あんた食べなくても義妹とその子供達もいるんだから
食べなきゃそっちにやりゃいいじゃん。





何であたしはこの人に出発するまでこんな嫌味言われなきゃいけないんですかね。。。





が・・
義母に反対されたと愚痴る為に電話した実母に言われたんです。




イライラしながら帰省するなら止めて。
そんな気持ちを持ってくるなら来るな。


とね。




なのでムカつきたい気持ちを抑えましたけど、
やっぱりムカつきますよ。







で、帰省準備や義母の仕事もあるんで
帰ろうとしたその時、義母の手から渡されたもの。。。。










お餞別・・・・・・・















あのさ・・・・



どうして嫌味言わなきゃいけなかったの・・・・?


何で素直に、気持よく送り出せないの・・・?



餞別なんていらねーよ・・・






気持よく送り出してくれるだけで十分ありがたいのに、
何で、嫌味散々の後の手土産やら餞別やらなんだろう。。



何でなんだろう。。。








何でなんですかっ








結局、手土産も用意してくれて餞別もくれて
良い義母さんじゃない~ なんでしょうか。。





あたしには全く理解出来ないんですけど。。。。




とりあえず、ありがたい気持ちだけを持って出発しました。








子供達も熱も出さず思いっきり山形帰省を楽しむことが出来ました。
ありがとうございますー。








と帰省土産を持参して義母宅を訪れた際、









義母「これから熱出すやろ










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・














どうしてあたしはこんな人と義理の親子にならなければ
ならなかったんだろう。。。。






山形から大阪に戻る際に、
どんどん東北が遠ざかって行くことに
とても寂しい思いだったあたしとは裏腹に、
旦那は、どんどん家が近くなる安心で、
腸の動きも活発になり、
帰省中ずっと溜まりに溜まっていたう●こが
大量に出たそうです。。


良かったですね。。。。








旦那「皆、実家の親を大事にしてるんやなぁ~







今回の帰省で旦那は、そう感じたようです。








そういう気持ちが自分の親に沸かない気持ち、
少し分かるよ。。。

あの親ならね。。






ま、でもあれが親なのよ、あんたの。




親は選べない。


ホント、つくづくそう思った夏でした。







とにかく無事に大阪に戻れて良かったです。






さああーーーー またお金貯めて実家帰ろう~~
来年までそれを励みに一年頑張ろっとっ








来年もまた反対される所から始まるんだろか。。。。。。。。ボソ





















スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。