このままじゃ育夫ノイローゼになってしまうっと思う毎日を 打破する為立ち上がりますっ!
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年10月09日 (木) | 編集 |
昨夜の皆既月食。


赤い月は見られなかったけど、月が雲に隠れるように
まっ黒になったのは見れまして。

神秘的ですね。




娘が熱を出しまして。
またかよなんですけど、こればっかりは仕方ありません。

先月の息子の誕生日以来全く顔も出してなきゃ
連絡もしてない義母が気になっていたんで、
どうせ誘っても来ないけど、週末の息子の運動会の誘いをきっかけに
顔出してこようかなと思ったんですが、娘発熱。


これは行くなって事かな と思ったんですが、
娘が熱出して寝てるんでさっさと帰る口実も出来るしと
電話してみました。



あたし「お義母さん、今日予定ありますか? 」



義母「 ある。なんで? 」



あたし「あるなら仕方ないんですけど、都合良ければ顔出しに行きたいなーと思って




義母「何か用事でもあるん? 」




あたし「いや、別に何もないですけど。全然顔出してないし。。 




義母「用事ないんやったら来んでええ




あ、そうっすね。。
用事ないと行っちゃいけないんですかね。。





ま、娘も熱出してるしね。
いつもなら怒りが先に来る所ですけど、


行かなくていい ラッキー と思う事にしよっと。





で、電話を切る際に、



あたし「では、また近々顔出しに行きますー






義母「それもせんでええ











。。。









明日、あたしら夫婦は結婚して9回目の結婚記念日を迎えます。
子供も三人出来まして、家も買い、この地に根付くつもりでおります。
色々あったように思いますが、
実は大して何も大きなもめ事もなく、
小さなもめ事は多々ありますが、それによって離婚したいと何度も思いましたけれども、
振り返れば、やっぱり大したもめ事じゃなくて、
平凡に過ごして来た9年でしたよ。


この地に来て9年。
高校を卒業して宮城に移り住み10年後、大阪で結婚して9年。
仙台に居た時間と同じくらい、大阪に居て、
すっかり言葉も関西弁になりました。
たまに興奮すると山形弁出ますけどw


もうすっかり大阪のおばちゃんです。





それでも、義母からしてみたら


用事がないなら来なくて良い存在で、
単に顔を見せに行くだけも拒否されるんだなって思ったら、



あたしのこの9年って義母にとっては別にどうでも良かったんだねってね。
都合の良い時だけ家族になるんだなとは思ってたけど、
やっぱり初めから受け入れてもらってなかったんだなーってね。



月食見ながら思いました。




丁度ね、とあるきゅんきゅんブログを見てたのもあって、
家族のつながりとか、縁とか、人との繋がりってあるんだなーとか。

近所のお姉ちゃんに彼氏が出来たみたいで
週に何度か家の前に彼氏の車が止まり、
家族だんらんに参加させてもらってるんだろなーとか。


そんな人との繋がりをいいなーうらやましいなーって思ってたもんでね。。



義母の言葉に怒りとか悲しいとかより、
寂しいなーってね。
うちの息子を選んでくれてありがとうなんて言われないどころか、


なんでこんな男と結婚する気になったん? と言われ、


こんな男ってお前の息子じゃんか。。とビビったんですけども。。




こんな男と結婚するあたしの事もやっぱ受け入れられないんかな。




じゃぁ何で孫である、あたしらの子供の誕生日にはケーキ買ってくれるとか、
あたしが実家に帰るって言えば餞別や手土産くれるんだろー。

意味不明ー。




あたしがこの義母と接する際にいつも感じてた居心地の悪さは
きっと 歓迎されてない、招かれてない感が感じられてたからなんだと思うんだけど、






来なくて良いって言われたから行かなくていっか





寂しいと思ったし、よそのお宅のそういう人を歓迎する姿勢に
ホント羨ましいと思ったけど、
ないものねだりしても仕方ないんでね。。



あたしが子供たちが大人になった時に、
人との出会いや人との繋がりを歓迎出来る人でありたいなと思いました。

それでいいや。



後10年もすりゃ、もしかしたらそんなにしなくても
娘に彼氏や息子に彼女が出来て
家に連れてくるかもしんない。


そん時に人が増える楽しさとか、人との繋がりが出来る喜びとか
あたしがそれを受け入れる人間でいたらいっかなーって。




旦那「嫌や~~~~~





はい出ました。。
娘に彼氏が出来るの考えらない男が一人。。





それをずっと変えられないのが義母。
その息子がうちの旦那。。



娘は大変かもね。。



でも大丈夫よ。お母さんは受け入れるもん。
どんな相手でも、娘が選んだ人を受け入れる。
どんな形でも。
必ずしも良い人とは限らないかもしれない。
あたしの大嫌いなタイプかもしれない。
ダディみたいな男かもしんない。(絶対嫌や・・)


でもどんなんでも受け入れるよ。
だって子供たちが選んだ人だもん。



あたしが付き合うわけじゃないし(爆







はーーー

何かいろいろと、義母に顔見せてないなー連絡してないなーって
モヤモヤ毎月してたけど、
それもしなくていいって思ったら楽になったな。

来月は義母の誕生日に、娘の誕生日あり。


娘の誕生日にケーキを買うから絵柄を選んでおいてって言ってたし、
自分の誕生日にはなんもせんでええ、
どうせなら店で使う水がいいとか言ってたんでね。


顔見せんでいいと言いながら、関わりは捨てたくないんだね。。と思ったら
義母がしたいように、言わせたいようにさせるのが一番、というか

それしかこの人と付き合うには方法がないだろってね。







月食ありがとう。
教えてくれて。














スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。