このままじゃ育夫ノイローゼになってしまうっと思う毎日を 打破する為立ち上がりますっ!
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年12月08日 (月) | 編集 |
皆様、わざわざお気遣いありがとうございます。

父が亡くなってちょうど1か月が経ちました。
何だか早いんですけど、
もう何年も前の事のようにも思ったりして。

父の死により変わった事と言えば


入院保険、給付金一日5千円じゃ足りないんだな。。
と実感したりw




人間いつ死ぬかホント分からんなー
せかせか生きるの止めよー


と思ったりw





あれですね、人の死ってさ、
後悔の思いしか出てきませんね。



あーしておけばよかったとか、
これもしてあげたらよかったとか。



しばらくこんな思いと付き合わなければならないのでしょうかね。





旦那が先日、高校の同窓会に出かけて行きました。
高校卒業して以来の、およそ30年ぶりの再会だそうです。

世の中便利になりましてね。
facebookにて同級生の存在を知り、
そんでもって同窓会へのお誘いですわ。


そりゃもう彼はずっと楽しみにしていましたね。

卒業アルバム見てはあれやこれや言ってましたわ。






で、凹んで帰ってきました・・・w







何か帰ってきてからショックを受けてるようです。。w






自分の未熟さにw







約60人くらい集まった大規模同窓会。
年代も様々なのかと思ったら、
同級生と一個下しか集まらなかったみたいで、
ほとんど同級会。




その中で、みんな大人に成長している同級生を見た旦那は
自分の未熟さに気が付いたようです。



会社社長になっていたり、自分で商売していたり、
子供たちがもう成人していたり。

連れて行ってくれたお店が全て大人な遊び場で、
彼はカルチャーショックを受けていました。



旦那「大人やねん。。 










彼、50前にして大人の世界を知る・・





とにかくパワフルだったようです。
そりゃそうよね、50歳と言えば男盛りなんですから
お前みたいに年がら年中、しんどいしか言ってない男とは違うんだよ。



旦那、これで大人の遊びを覚えるのかしら。。
まぁ・・ あちらはお金も時間も自由に使える人達でしょうからね。。
うちみたいに、お金はないし時間もない貧乏人とは住む世界が違うわけで。




でもそれが 同級生 だって言うんだから
彼にはショックが大きかったのでしょう。





良かったね。

気が付いただけあたしは良かったと思うよ。

それすら気が付かなかない人だっているんだから。




自分の周りにいる人間達が、自分のプラスになるのか
ならないのか、旦那は知ってしまったようですが、
彼は変わるでしょうか・・w






あたしもね、人の事は言えないのですよ。
家に引きこもってばかりですし、
外に出ようという気が全くないんでね。

成長しないなーって思います。

やっぱり色んな世界に飛び出して行かないとダメだなーってね。



なかなか勇気もお金も時間もかかる事ですけど、
子供だけではなく、大人のあたしらも
外に目を向けて行かないといけないなーって思いました。








旦那「お母さんも、同窓会あるなら行ってみ
















はあああああああああああああ!?












毎年夏の2日程度しか帰れない帰省で
一体どうやって同窓会に出席出来るってんだよ!




全く・・・こいつは全く何にもわかってないなぁ。。




すごく楽しかったみたいです、旦那。
あの 出不精の 面倒くさがりの旦那が
すごく楽しかったみたいで、色んな刺激を受けて帰ってきたみたいです。




良かったね。




ただ、毎晩同窓会で聞いた小ネタを聞かされるんですけどね。。





旦那「こいつが当時、先生と付き合ってたんかどうかなんやて」 

あたし「付き合ってたん? 結婚したん? 」

旦那「知らん

とか。


旦那「こいつが連れて行ってくれた店が豪華で、顔パスで、しかも激安飲み放題で、一体どういう仕事なんやろ・・

あたし「どういう仕事なん? 」

旦那「知らん 聞いてへん

とか、



旦那「こいつ死んだんやて病気で

あたし「えーーいつ? 家族は? 」

旦那「知らん 聞いてへん



旦那「こいつな、フェラーリを奥さんにねだられたけど、高くて無理やからってベンツで我慢してもらったんやて

あたし「2千万は無理でも1千万はOKなのかよw 何の仕事してんの


旦那「知らん 怖くて聞かれへんかった














お前の話はストレスがたまるっ









ネタふりだけ聞かされて、落ちも何もない。
話が膨らまんだろうにっ


で?それからどしたの?が全くないんだから・・






もっと会話の仕方を学んでこいっ




人生日々勉強 という事を言ってた人がいましたけれど、
まさにホントにそれだなーって思う今日この頃。。




父が自分の車に残してた手帳には
ビッチリ、ゴルフのテレビからメモったであろう
ワンポイントアドバイスが記されておりました。

車の中に現金が残されてないかと姉と探しましたけど、
30円しか、しかも1円玉で30枚しか残っておりませんでした。

借りた金は返すな という題名の本と、
成功者は大概嘘つきだ みたいな題名の本が二冊。








もっと他に残さなきゃいけないものなかったのか?

他に学ぶものなかったのか?

娘や妻に残したい言葉とかなかったのかよっ











・・・・・・・


全くうちの父も、旦那も。。

どうしようもないね。。











スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。