このままじゃ育夫ノイローゼになってしまうっと思う毎日を 打破する為立ち上がりますっ!
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015年01月23日 (金) | 編集 |
気が付きゃもう下旬ではありますが、
まだ一月終わらねぇのかよ。。という思いもなきにしもあらず。。


正月遊びすぎて、月初めから大赤字という我が家の火の車家計。
今年こそはというか、
昨年は何か知らんけど、パソコンは壊れるわ、車もダメだわ、父もダメだわで
すっからかんな我が家になってしまったんでね、
本腰入れて家計見直し、節約生活をと思って臨んだ2015年なんですけれども、
早々にどんぶりどんぶりでございます。



早く月終われよ、、




ご無沙汰しております。正月以来ですねw



義母になぜか年末年始のご挨拶を断られ、
もう心が折れすぎて、再度の連絡を出来なくなっておりましてね。


で、もういっかなって。
ここまで来て、新年の挨拶も何もないしね。
父の事ではご香典もたくさん頂き、
年末にはお供え物として、父の好物である高級最中も送って頂き、
そのお礼もせぬまま、もういっかなって思ってますw



だって、もう怒られるの嫌だし。
理不尽な思いするのももう勘弁してほしいし。。
もう非常識な礼儀知らずのデブ嫁でいっかなって。。
完全にタイミング失ったしね。

こっちから連絡する用事もないし、あちらからもないですし、
このままそっと距離置いていた方がいいように思いましてね。



ぶっちゃけね、




自分の親じゃないからどうでもいい



という思いが強いです。
えぇ。




何も可哀想にも思いませんし、何も心配にも思いませんし、
そうは言っても親ですからって気持ち全くない自分に
薄々気が付いてはおりましたけれど、
旦那の親だし、子供たちの祖母だしと建前上大事にせなあかんでー
なんて思ってきましたが、
正直、


どうでもいいや


です。





実父が亡くなりましてね、母親の落ち込みようがすごいんです。
亡くなった当初は、全く悲しくないのは何でなのか? なんて言ってましたけど、
それはやっぱり実感がないのと、まだ周りに人が居るのとだったのだと思います。
火葬場で父に、

戻っておいでよ なんて声かけてましたしね、

あっちの世界に行きたくなきゃ行かなくていいよなんて言ってましたし、

一時は熟年離婚かなんて騒ぎになって、子供達大集結で
親の離婚問題に話し合いの場を設けたりなんかして、
母親自身、
早く逝ってくれたらいいのにっ なんて言ってたくせに、
いざ亡くなってみたら、戻って来いだの、
日追うごとに、寂しさが増すのか、
気弱な声出すし。。

居なくなって初めて知る父の存在感 なんだそうですよ。(母曰く



そんな母親を目の当たりにするとですね、
ホントに実家から遠くに嫁いだ事後悔するわけですよ。

子供達三人にも恵まれ、家も買い、全く赤字ばっかりですけど
一生懸命働いてくれる旦那がおり、あたしも外に働きに出なくても何とか今のところ
やっていけてるし、後悔なんて言ったらホント罰が当たりそうですが、
後悔しないなんて全然言えませんって。


だって、母親、家帰ったら一人なんですもん。
隣に姉夫婦が住んでおりますが、
自分が母親の近くに居て、心の支えになってあげられない事に
ムカつきますもん。

だから余計に、義母の態度や言動に、
どうでもいいやと、自分の母親じゃないしって思えてしまうんだと思います。



自分の母親に寂しい思いさせてね、
何で受け入れてももらえない義母の機嫌を取らないといけないのか、
なぜ義母に尽くさねばならないのか。

やってらんねーよ。




ふとね、そんな話を旦那としてたんです。
一時は離婚だなんだって子供達巻き込んで騒いだ夫婦でも、
片一方が居なくなったら寂しくなるもんなんだねぇなんてね。




旦那「お母さん(私の事)、俺が死んだらどうなるんやろぉ~ 心配や~




何を心配する事があるんですかね。
あんたが死んでもあたし、悲しんでる暇ありますかね・・
上は小学生低学年子供で、下はまだオムツも取れないヤツがいて、
悲しんでる余裕などないと思うんですけど。。

それに、うちの父は心臓が悪かったので保険に入れず、
葬式代程度しか下りない保険にやっと入ってただけなんで、
遺族年金も微々たるもんですし、遺産もありませんし、
母親は何歳まで生きるか分かりませんけど、これからの生活が不安だと言ってますが、

旦那はとりあえず子供三人は成人させれる保険金が下りる保険に入ってますし、
家のローンはなくなりますし、そしたらこの家はとっとと売れますし、
言ってもまだ定年まで20年ほどある歳ですし(働いてませんが
うちの母親とあたしとじゃ、全く立場が違うと思うんですが、
なぜそこ心配してるのか。



心配するのなら生きてるというシチュエーションの方があたし的にはよっぽど心配ですけどっ


だってそうでしょ。

40すぎてからの子供ですもん、三人とも。
三郎はそんで45歳んときの子ですからね。

あんたが定年の歳になってもまだ三郎は中学生ですからね。
やっと娘が成人するだけで、高校生と中学生の息子、
一番金掛かる年頃の子供がまだ二人なんですよ?

死ぬなら死ぬでいいですよ。
生きるという場合だってあるんですからねっ
そっちの方があたしは死んじゃったという場合よりずっと心配ですけど、
そちらは心配じゃないんですかねっ




と言ったらカナーリ凹んでおりました。。





自転車保険や自動車保険をどうするのかと保険屋のお姉さんが
言ってきまして、そうやなぁ、自転車保険要るなぁ・・
終身医療保険どうするよーとかそりゃもう保険保険って頭になってたんですけどね。





あたし「生きて生涯まっとうするっていう場合もあるんだし、何かあったらの事ばっか考えてたら今生きていかれへんっ




と自分で保険屋呼んどいて、逆切れしましたw






で、同時に旦那も再び凹んでおりましたw
自分が生涯まっとうしたらあかんのかよ。。と。。w







いいんですw


ただね。。
あたしらの関係がそこまで持つかどうかは誰にも分かりませんしね。。。w







しっかし、母のあの気弱さと言ったらもう。。
ただ、電話でだけの判断なんでそう感じるだけかもしれませんが、
まぁとにかく、あの気だけは強い母親が
そんな弱音吐くかねってもんなんで、
こっちも参ってしまいました。。





全く。。父は今頃あの世で何を思ってるんでしょうかね。







そいや、父が亡くなったんで墓の話とかどうするやら何やらと言ってたんですが、
数日前のネット記事に、
嫁ぎ先の墓に入りたくない嫁が実は多いなんて記事がありましてね。
縁もゆかりもない土地に、しかも知らない親戚会ったこともない親戚の入った墓に等
入りたくないなんていう記事でしたけれど、
あたし的には・・・・









死んだ後の事なんてどーでもいい








あの世に行くのか、それとも何かに生まれ変わるのか、はたまた全く消えてなくなるのか
死後の事は死ぬまで分かりませんし、
墓なんてどうせ、生きてる人間のものなんだろうから、
死んだ後にあそこに入れてくれとか墓がどーとか、
あたし的にはどうーでもいいっす。

墓なんてあったら後世に負担やろうから、
適当に捨てちゃって構いませんw

だからって親の骨を捨てたいとは思いませんけどねw




ま、そんなこんなな年初めです。



体重計に怖くて乗れません。。。

















スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。